sponsored links

sponsored links

sponsoredlinks

--年--月--日(--) 記事No.
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FC2 ブログランキング

にほんブログ村 受験ブログ 医学部・医療系受験へ
にほんブログ村

他エントリー

スポンサー広告 |  記事を編集 |  全記事一覧の表示

2015年03月18日(水) 記事No.543
ぼくは、受験生の時に大いに疑問で、
医学部は理系である
理系なので、数学や物理の難しい問題が解けることが重要である
よって文系科目のセンター国語は試験科目としてそもそもいらないのではないか?

と考えていたのです
たぶんセンター国語が苦手で、
現代文(どの選択肢を選んでよいのかよくわからない)
古文(こんなの日常生活でも使わねーだろw)
漢文(少しやったらそこそこできるようになるからまだ許せる)
と考える受験生、またセンター試験でセンター国語のせいで煮え湯を飲まされる受験生も多々いるかと思います。
僕もセンター国語の現代文は、選択肢と回答を見比べてもいまいち回答に至る解説がよくわからなかったし、今やってもよくわからないだろうからお気持ちはよくわかります。

実はですね、受験生の時は難しい数学や物理の問題が解けると周りからの評価がすごいということになりますが、正直、医学に難しい数学や物理の問題を解く能力が必要かと問われると、臨床(多くの医者はこちらにすすむ。病院で働いている医者がしていること)ではあまり関係がないのではないか、
難しい数学や物理の問題を解く能力は基礎研究(IPS細胞などの研究はこちらになる)では関係があるのではないかという状況です。

(つづく)

FC2 ブログランキング

にほんブログ村 受験ブログ 医学部・医療系受験へ
にほんブログ村

他エントリー

受験 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 |  全記事一覧の表示

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。