sponsored links

sponsored links

sponsoredlinks

--年--月--日(--) 記事No.
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FC2 ブログランキング

にほんブログ村 受験ブログ 医学部・医療系受験へ
にほんブログ村

他エントリー

スポンサー広告 |  記事を編集 |  全記事一覧の表示

2012年06月02日(土) 記事No.423
新理系の化学問題100選40番(僕の持ってるのは10年くらい前の本なので今のと微妙に違うかもしれない)の京都大学の問題で
反応速度v=k[RD]
このとき反応速度kを低PH領域(logk=-PH+logka)と高PH領域(logk=PH+logkb-14)で場合わけして記述し、これから式変形をして色々と答えを導き出す
というなんともイケメンな問題がでてくる

これは化学の問題というよりも数学や物理の範疇に近い気がするんだけれども、知識を知ってるかどうか問うよりもまったく新しい、受験生が基本知らない現象を考えて答えを導きだすという考える力 思考力を問う問題

この問題の解き方を覚えたからといって、他にこの問題と似た問題が出てくることは非常に小さいし問題をとくことによって「考え方を考える力」を養うのが主眼だろう

FC2 ブログランキング

にほんブログ村 受験ブログ 医学部・医療系受験へ
にほんブログ村

他エントリー

受験 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 |  全記事一覧の表示

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。