sponsored links

sponsored links

sponsoredlinks

--年--月--日(--) 記事No.
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FC2 ブログランキング

にほんブログ村 受験ブログ 医学部・医療系受験へ
にほんブログ村

他エントリー

スポンサー広告 |  記事を編集 |  全記事一覧の表示

2012年04月17日(火) 記事No.416
検索ワードにありました
以前、舞の海と曙さんを対比させてスタイルの話をかいたことがあった
今回はF1を題材にしよう

日曜の中国GPで3番手スタートだったザウバー小林可夢偉選手は、表彰台を期待された。しかしながら10位といつもとそんなに変わらない結果に終わった
どうしてそうなったかという話
【F1】不本意な10位。
可夢偉とザウバーに何が足りなかったのか?


要約すると
ザウバーはトップチームと比較して車の性能がよくない
車の性能差で勝負する3ストップ戦略よりもタイヤマネージメントで勝負する2ストップ戦略のほうがザウバーではいい結果がでやすい
今回はタイヤを予選で損耗したので2ストップ戦略をとるのが難しかった等


車の性能はマクラーレン、レッドブル、フェラーリが3強でそのあとにメルセデス・・・がつづく形
フェラーリはタイヤの温まりが遅くて、メルセデスは逆にタイヤの温まりが速くて損耗が激しい等
微妙にチームによって車の特色が違う

それゆえ車種により戦略の組み立て方が微妙に違ってくる
またコースによっても戦略が異なる
モナコみたいに抜けないコースだと2ストップ戦略のほうが有利
こういうところは勉強スタイルの組み立て方の違いと似てるんではないかなと思う

車種→自分の基礎的能力
戦略→スタイルなど
コース→受験大学

FC2 ブログランキング

にほんブログ村 受験ブログ 医学部・医療系受験へ
にほんブログ村

他エントリー

雑記 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 |  全記事一覧の表示

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。