sponsored links

sponsored links

sponsoredlinks

  • 2010年12月 の記事一覧

--年--月--日(--) 記事No.
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FC2 ブログランキング

にほんブログ村 受験ブログ 医学部・医療系受験へ
にほんブログ村

他エントリー

スポンサー広告 |  記事を編集 |  全記事一覧の表示

2010年12月20日(月) 記事No.310
計画たてると、あらかじめやってうまくいくかうまくいかないかが事前に分かることがあるじゃないですか
時間を無駄に使わないので効率的に作業をこなせるというのもありますが、うまくいくかどうかの見極めが計画たてることで大事になってくる

自分がこなせる容量にちゃんとあった問題集の量を割り振れるかとか、計画表ないと割とやりたい科目をやってしまって、あんまりやりたくない科目をいい加減にしてしまうということにもなりやすいので、総合の偏差値をあげるのに効率的な勉強の配分というのですか、そういうところの割り振り具合あたりを考えていくといいんじゃないでしょうか。

問題が解けるかどうかのほかに微妙な調節の妙って結構大事で、試験でも時間配分やらどの問題選んで解いたらいいかとかそういうところと関ってくるんじゃないですかねえ。

FC2 ブログランキング

にほんブログ村 受験ブログ 医学部・医療系受験へ
にほんブログ村

他エントリー

受験 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 |  全記事一覧の表示

2010年12月16日(木) 記事No.308
地味に、勉強の計画表の検索が多くて、別の視点からどうして計画表を作るのかということをちょっと考えるとですね

目標があったときにそれを達成するのに、道のりが長い長期目標だと全体の目標を具体的にたてずらいので、とりあえず大まかに11月中旬までは2次試験対策やって、それ以降からセンター対策しようだとか
センター国語が苦手なので、これは少しずつやっていこうとかこんな感じで作ります。

次に長期目標を達成するのに3ヶ月くらいでどうしたらいいか中期計画を立てます
これだと、道のりが短くなっているのでより具体的にどの問題集をやろうとか、今度の模試で偏差値いくつを目指そうとかそういう目標が立てやすくなります

最後に、問題集やるときに1日どのくらいやったらいいのか逆算して、問題集何ページやろうとか、何問とこうとか無理のない範囲でととても具体的な計画をたてる

要するに、最初は長期で数字の予定が立てにくかったのが、短期になるほど逆算して数字での目標をたてやすくなるということです。

この話続く

FC2 ブログランキング

にほんブログ村 受験ブログ 医学部・医療系受験へ
にほんブログ村

他エントリー

受験 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 |  全記事一覧の表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。